厚生労働省の子ども虐待防止「オレンジリボン運動」に協賛しております

2019/09/25 メディア掲載情報
児童虐待通報ダイアル

ガルエージェンシーでは熊本でも多発する児童虐待事件を一件でも減らせるよう

厚生労働省と連携し、児童虐待ゼロポスターを制作しました。

 

 

探偵社でガルエージェンシーが唯一の活動です。

 

 

「児童虐待かも」と思ったら
児童相談所直通の児童虐待通報ダイアルである

 

 

189(いちはやく)

 

を押すだけで、お住まいの地域の児童相談所につながります。

 

 

電話は匿名で構いません。

 

 

連絡したことが漏れてしまう事もありません。

 

 

 

ポスターにも書かれているように、児童虐待は社会全体で解決すべき問題です。

 

電話一本で救われる子供の命があるかもしれません!

 

 

子供の虐待を目にしたり聞いたりした場合

一刻も早く通報し、未来ある子供を社会で救っていかなければなりません。

 

 

ガルエージェンシーは児童虐待のない未来を目指し、探偵社として出来ることで社会に貢献していきたいと考えております。

 


また、ポスター掲示にご協力いただける方のご連絡も随時お待ちしております。

 

 

お気軽にお問い合わせください。

 

児童虐待通報ダイアル

また、妊娠、出産、育児期の家庭には、様々な状況から体調不良や悩みが生じている方が少なくありません。

 

 

このような家庭の状況に周りが気づけずに、適切な支援が差しのべられないことにより、痛ましい児童虐待に至ってしまうことがあります。

 


厚生労働省では相談がしやすい体制の整備や、地域の子育て支援サービスの充実を図っています。

 

 

誰もが抱える出産や子育てに関する悩みや質問がある方は
迷わずに児童相談所、市町村へ相談することをおすすめします。

 

 

簡単に虐待が無くなることはありません。

 

 

でも少しでも幼き命を助けるために、いま我々が出来る事をしなくてはなりません。

 

 

救いの手を差し伸べることが出来るのは、社会に生きる私たちなのです。